生徒達が頑張って 例年通り、神戸高校総合理学合格、 北須磨高校推薦合格、 夢野台教職類型、 伊川谷高校、鈴蘭台高校の国際コミュニケーションコース、  友が丘高校、伊川谷北高校、六甲アイランド高校、 翔風高校などに、合格してくれました。   中学は北区、西区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区、灘区の生徒達です。 今年の推薦は 北須磨や翔風高校に人気が集まり、80人以上定員オーバーしていました。  友が丘高校は推薦枠より13人多かっただけです。

大学は 東京理科大学や、関西学院大学、甲南大学、神戸女学院大学、関西大学、看護大等に合格して、国立大学の合格発表待ちです。

今年の星陵高校の1年生よりも、今年の北須磨高校の一年生たちの方が実力が上だったと、星陵高校の先生が嘆いていたと、関西学院大学に合格した星陵高校3年生(学区制で合格した高校三年生の年度の時点では星陵の方が北須磨より上)がzeus塾の先生達に報告してきました。

教育委員会が学区制をなくしたことで、無理に星陵を受ける必要がなくなり、またそれでも中学校の先生達が5の数で一番多いのが長田高校、次に5の数が多いのが星陵、その次が北須磨、と決めつけて振り分けていく為に、態度で内申点や副教科で5がとれなくても、 実力が本当にある生徒達が

どんどん従来の公立高校の価値を変えていっているように見えました。