英語は学校の先生がテストに出しやすい問題分析と英作特訓と、細かい指導で正しい構文の訳ができるまで夜遅くまで見ました。 理科は電流の難しい問題がラストに出ていました。社会も色んな施策でテストに出やすい問題を全部暗記させて、学年2位の点数を取って来てくれました。  今は5計200点の生徒を、公立高校に合格っせるために、300点にするべく色々な対策と案を練ってカリキュラムをたてています。