オール3から理科以外オール4になったY中学生や、合計35から38~42になって英語が5になった生徒も沢山いました。副教科もテスト前日に毎日深夜まで高得点をとる方法で教えたので、全員オール4以上になっていました。 これは長田高校や神戸高校、甲陽学院高校、六甲高校出身の先生達のおかげです。医学部の先生達のおかげで、 いつもの事ですが、長田高校・夢野台高校・翔風高校・伊川谷高校・野田高校・兵庫高校・北須磨高校・星陵高校・友が丘高校・鈴蘭台高校・舞子高校。御影高校・県立芦屋高校その他高校生達は全員成績が上がり、順位が全員上位になりました。 また、国立後期発表が終わり、神戸大学・名古屋大学・大阪府立大学・関西大学・関西外大・関西学院大学・兵庫県大 看護大・甲南大学・近畿大学にも合格してくれました。   駿台予備校にも教えている、医学部の先生達のおかげです。 私立中学の難問もスラスラ解いてくれるので、解く量が多いので、私立中学受験の生徒達はランクアップ合格するし、高校生達も京進やスタンダード、明光の先生達(甲南大レベル)は答えを見てもわからない、答えを見ながらうーんうーん考えながら解説を解説しているので、時間が待たされてイライラするので片手間に映像授業をスマホで見ていた、などという生徒達は医学部の先生達の学校の高校の数学や化学、物理高校の先生達よりもはるかに賢い解き方、スピードに感動していました。数Ⅲや国立難関問題を上手に教えれる先生が居ない、と進学個別ゼウスに来られたお母さんと息子さんもいます。 三田学園から神戸大学医学部医学科に、小野高校から兵庫医科大に、神戸高校から医学部に合格実績のある 他の個別指導や家庭教師にはいない、物凄い賢い天才みたいな先生ばかりです!!     学びエイドからフランチャイズ武田塾の話を聞き、武田塾の教えない事を売りにしたPR漫才動画を見ました。 結論から言うと、というか常識で考えれば当たり前の事ですが、「 教えない」というのは、やはり成績が上がらないですね。浪人生たちも、創造学園や東進衛星で失敗した人達ばかりでしたが、ここに来たら医学部のマンツーマンで物凄く合格ラインが短期で上がりました。理由は「わからない問題を分かるように教えてくれるから」と、トップ高校の生徒達は言っていました。武田塾長さんは東進が映像を見ているだけだから成績が上がらないから武田塾をつくった、授業を聞いているだけでは高校生活から4年間予備校に行ってても成績が全然上がらなかったから授業をしない武田塾を作ったというのですが、それは合っています。 普通は映像をダラダラ見て や集団塾学校と同じ授業そんなのでは常識的に上がらないのですから、誰もが知っています。授業をしない、というのは集団授業をしない、なら納得します。 しかし、わからない問題を分かるように教える人が 武田塾にも東進映像にも予備校にもいないから、失敗するのです。  進学個別ゼウスはずっと、30年以上も前から、個別の大切さ、

家庭教師(人、いい先生)による個別指導は最高の教育だと言ってきました。 この主張はぶれません。