先週の金曜日、理科が苦手で40点だった高倉台中学1年生がゼウスの課題実力テスト対策を受けて89点だったと嬉しそうに成績表を見せに来てくれました。ゼウス個別に来てくれた理科が苦手だった生徒達は全員得意科目になるのです。それは、当塾は、医学部の先生がいるからです。 他の塾のように理科を指導しないか、あるいは指導しても映像や問題集を解かせるだけで、難しい物理や化学の計算の説明のできない先生達とは先生の質が全然違うのです。それも医学部の先生達は駿台予備校でも教えている高3の医学部受験生を教えれる、唯一の、学校や塾の先生よりも数倍賢い先生たちなのです。数学も、英語も全員成績が上がっていて、全員楽しそうだったので、安心しました。